月日が経つのは年々早くなる。
生きてきた年数分の1年、日数分の1日となるからだろう。

だから一日を意味あるものにしたい。
昨日よりも一歩前に進みたい。

ということで仕事の計画も1年から1ヶ月、
1ヶ月から1週間、1週間から1日と短くすることを意識している。

そんな中、昨日出会った言葉がある。

オースティン・クレオン著「クリエイティブと日課」にあった、リッチモンドウォーカーの言葉だ。

「私たちが挫折してしまうのは、 
そこに昨日と明日という
2つの恐ろしい永遠が加わったときだ。

私たちの正気を失わせるのは今日の体験ではない。

昨日の出来事に対する後悔や苦しみ、

明日の出来事に対する恐怖だ。

だからこそ、一日づつ生きていく努力をしよう」

(Twenty-Four Hours a Dayより)

以上、
ウノシュージ
http://go-vacances.net