第799話:気分が悪くなりたい時に

ヴァカンスボーテ

みなさんもカバンの中に1冊くらい単行本が入ってるかもしれない。移動中や待ち時間にちょっと脳をブレイクさせる清涼剤で値段も数百円とコスパも良いし。

でも今僕のカバンにある単行本は絶対に忍ばせるべきではない。

読めば読むほど嫌な気分。物語から得るものは何もないがあえて言うなら溜め息だけ。文章なのに顔をしかめてしまうリアルで毒々しい描写。不気味な言い回しと奇怪な漢字使い。伏線は張りまくって多いのに回収せずパタリと終わる。

短編が集まったこの本の第1話は、腐った湖畔に住む二本のちんちんを持つヨボヨボのジジイと、社長の息子兼いじめられっ子の話。で表題が「ニコチンと少年」だと。

寝る前に読もうものなら悪夢必至。確実に食欲はなくなるのでダイエットにぴったり。MDMAと較べても最悪度はひけを取らない。

.

.

.

「独白するユニバーサル横メルカトル」平山夢明

シカシ紛れもなく僕は、
本でしか表題出来ない彼のアートジャンキーだ。

以上、
ウノシュージ
http://go-vacances.net