早見和真 著・イノセントデイズ

これはやばい。
横浜を舞台にひとりの女性の生涯を通して描かれたもろくて切ない衝撃ストーリー。
心がその空虚感に打ちのめされた。
美しくて儚くてまぶしい、ほんとうにめちゃめちゃイノセントデイズだった。

純粋すぎるものに触れると涙が出る。

以上、
ウノシュージ

肌のターンオーバーを正常な状態に戻す
定額フェイスエステティックVACANCES