第627話:たっぷり、本当にたっぷり味わった。

PGMゴルフリゾート沖縄

以前、大尊敬する先輩経営者の方からゴルフを勧められた。プレイしながらの商談は通常の商談とは違い、普段聞けないような情報が含まれることが多い。ビジネスのステージを上げたければゴルフは必項だ、と。

目次

きっかけは一年前の偶然の再会。

ちょうど一年前、沖縄のとあるパーティーでVACANCESのロゴマークをデザインして下さったシマダタモツさんと偶然再会した。15年ぶりということもあり、嬉しすぎて沖縄の街で朝方まで飲み明かした。
このパーティーは翌日にゴルフコンペがある。僕はゴルフをしたことがないのでコンペには参加しないが、一年後(今年)ゴルフ対決しましょうと約束し別れた。

切羽詰まってスタート

今年のGW、そろそろゴルフを始めないとやばいと思い始めた。1ヶ月半後にはゴルフコンペデビューではないかと。横浜駅西口の室内練習場の会員になり、ヤフオクでクラブセットをゲットし、時間のある時は通うようにした。
一応、練習中は日替わりコーチについてもらい、言われる事をスポンジのように吸収していった。
自分でもだんだん形になってきていると感じていた。

そしてゴルフデビュー

本日、一年前の約束どおりゴルフコンペに出場した。ゴルフコースデビューだ。
場所は名門、PGMゴルフリゾート沖縄。同じ組の方は4名で全員初対面のゴルフの諸先輩方。
「横浜の室内練習場では打ててた。だから大丈夫!」僕は意気揚々とスタートした。

能天気な根拠のない自信は「速攻」打ち砕かれた。
練習場で当たっていたスイングは、本番では全くヒットしなかった。
一人だけちょぼ当たりなので、走ってボールを追いかけ打った。
何度も、何度も。

これが舐めたゴルファーに対する洗礼だ!

芝生の上を歩きながら自分に対する情けなさと、照りつける太陽光で蒸発しそうだった。
これがゴルフの洗礼か!と思った。
大屈辱をたっぷり、本当にたっぷり味わった。

18ホールのプレイ後、昼食と表彰式があった。
僕は61名中バリバリの61位。ダントツの最下位。
スコア165!!

でも、なんか・・・

自分に対する不甲斐なさもあったが・・・、

ゴルフすごい奥深い!という感心もあった。
めちゃめちゃ自分との戦いやん!という感動もあった。

だから、なぜかシンプルに面白かった。
そして闘争心にも火がついた。

このまま終わる訳にはいかん。
商談に使えるくらいの腕前になろう!
そして、「ゴルフ本気でやろう!」
そう誓った。

以上、
ウノシュージ

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる