昨日は心斎橋appleビルにて自社予約システム開発の打合せ。
現在使用中の使い慣れたポータルの予約システムではなく、資金と労力をかけわざわざ自社オリジナルにこだわるのには意味がある。それがVACANCESのデータベース心臓部入口になるからだ。

VACANCESは会員制のサロンビジネスを展開している。
お客さんはリアル店舗の入口に入ってくる前に必ずホームページの予約サイトに入ってくる。
会員制であり、サロンビジネスであることの可能性を最大限広げるには「予約システム」が必ず近い未来のポイントとなる。

役割、使い勝手、機能、デザイン、これからこつこつと育てリリースできたらと思う。

以上、
ウノシュージ
Cheer you up!!go VACANCES!!