第752話:わざわざ

ヴァカンスボーテ

湘南モノレールから大船に。根岸線に乗り換え関内駅に到着。
北口改札を出ると目の前に横浜スタジアムとセットになった横浜公園が広がる。

久しぶりの秋晴れの今日は絶対にテラスで仕事だ!
と、スタバ横浜公園店に来た、、、が120分後、日報集計と仮説検証の繰り返しで頭の中がぐちゃぐちゃに煮詰まる。

ふと昨日買った「経営者の孤独」という土門蘭さんのインタビュー本を手に取る。

長野県でパンと日用品の店「わざわざ」を創業し、現在は実店舗とオンラインストアを運営する、平田はる香さんの記事を目にする。

孤独をテーマにしたインタビューの中で、平田さんの答えがとてもかっこよくて共感できたので書きます。

(以下、インタビュー記事)

「悩む」こと自体がないな、と思っているんです。事業を行う上で「考える」ことはあるけど、「悩む」ってことはない。だって、問題が起きて、それを解決していくだけですから。答えにたどり着く道を探しているのは「考える」であって「悩む」ではないですね。
(中略)
一方で「悩む」っていうのは答えのない問題に遭遇している時ですよね。
だから誰にも相談しないし言ってはいけない。答えのない悩みを誰かに吐き出しても何にもならないじゃないですか。

(以上、経営者の孤独 P139〜P140より)

ふぅ〜、かっこよすぎる!
コンセプトや企業メッセージ、取り扱われている商品、サイトや写真がどれも素晴らしく株式会社わざわざ 平田はる香社長、一発でファンになりました。

ということで僕も仕事に戻り、日報の仮説検証を経て、原点を見つめ直そうPOPデザインしました!

よろしくおねがいします。

以上、
ウノシュージ
http://go-vacances.net